技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

発色ステンレス材

よみ ハッショクステンレスザイ
英 colored stainless steel
概要 発色ステンレス材とは、発色処理を施したカラーステンレス材のこと。塗料によるカラーリングではなく、酸化反応、電解反応などによりステンレス材の表面を発色させたもので、四酸化鉄被膜の黒染が代表例である。酸化反応では、酸化被膜の厚さを変えて光の干渉を調整することで多様なカラー発色が得られる。耐食性、耐候性を向上し、寸法変化がないことから摺動部分などに使用される。他に、金属の質感が失われない、金属光沢を保つなどの特性から、意匠にこだわる外装にも使用する。

発色ステンレス材といえばこの会社

掲載方法

●ステンレス電解発色・化学発色 ●ステンレス電解研磨・化学研磨・クリーン洗浄 ●ステンレス黒色素材(板・コイル)・製...
発色ステンレス材の会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【化学】アルコールランプ中のアルコール量を半分以下にしない理由は?
  1. 爆発するから
  2. 火が安定しないから
  3. 次に使う人のため

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ