技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

製造業技術用語集

この技術解説を印刷する

溶接棒

よみ ヨウセツボウ
英 welding electrode
概要 溶接棒とは、アーク溶接などの工程において、溶融して母材と一体化し、接合の媒体となる金属製品のこと。被溶接材と同じ材質の芯材を用いる裸溶接棒と、フラックスを巻付けた被覆溶接棒がある。現在では被覆溶接棒が主流になっており、大気からの溶接部分の保護やアークの安定化などの役割がある。溶接棒をあてる角度や、母材の間隔によって溶融効率が変化するなど、作業を行うには技術と熟練が必要である。

溶接棒といえばこの会社

掲載方法

今後溶接棒の販売と並行し高度な溶接施工技術の提供、あらゆる溶接補修コンサルタントのサービスを提供するため、自主開発にも取...
■被覆アーク溶接棒、ミグワイヤ、ティグ溶加棒及びフラックス入りワイヤの製造 ■電子ビーム溶接加工 ■その他溶接材料の...
溶接棒の会社を探す

この技術用語の意味を理解しよう!

オトナの中学理科講座

【物理】氷上のスポーツ。最高速度が一番『遅いもの』は?
  1. スキーの滑降
  2. リュージュ
  3. アイスホッケーのパック

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ