技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【地学】流れ星を宇宙ステーションから見るとどこに見える?

「流れ星は見上げるもの」というのは当然、地上での話。この流れ星を現在建設が進む宇宙ステーションで見たら、一体どこに見えるでしょうか?
正解

正解は 「(下)地球の方向に見える」

宇宙ステーションの建設が進むのは高度300~400km。これに対し、流れ星が光り輝くのはおおむね地上100km。従って宇宙ステーションからは、流れ星が下(地球側)に見えます。なお、コンコルドからであれば上に(高度1.8km)、天気などを伝える静止衛星からはすごく下に(高度36000km)見えます。

不正解

正解は 「(下)地球の方向に見える」

宇宙ステーションの建設が進むのは高度300~400km。これに対し、流れ星が光り輝くのはおおむね地上100km。従って宇宙ステーションからは、流れ星が下(地球側)に見えます。なお、コンコルドからであれば上に(高度1.8km)、天気などを伝える静止衛星からはすごく下に(高度36000km)見えます。

オススメ用語解説

赤外線サーモグラフィ

概要

赤外線サーモグラフィとは、測定対象物から放射される赤外線を検出し、見かけの温度に変換することで、温度分布を画像表示する装置のこと。赤外線のエネルギーと物体の温度との相関関係を利用している。
温度分布を面として、可視化して捉えられることや、非接触で温度測定ができること、またリアルタイムで温度計測ができることが大きなメリット。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

●CFRP(カーボン/炭素繊維強化プラスチック)の設計・成形・加工・接着・組立てなど  ★産業機械/機器:フレーム・シャーシ・アーム・ハン...
O-KEI樹脂(オーケイジュシ)

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ