技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【地学】天気が「曇り」になるのは、雲が空のどれくらいを覆ったとき?

「晴れ」の定義にも国際的な基準があります。空を8分割し、その雲量で晴れか曇りかが決まります。そこで問題。次のうち『曇り』とされる雲の量はどれでしょう?
正解

正解は 「空の7/8以上 」

国際的には雲量が7/8以上の場合に初めて『曇り』となり、それ以下は『晴れ』』です。ちなみに日本の基準では9/10以上で曇り。したがって雲量が71/80の場合、厳密には国際基準では曇り、日本基準では晴れとなります。

不正解

正解は 「空の7/8以上 」

国際的には雲量が7/8以上の場合に初めて『曇り』となり、それ以下は『晴れ』』です。ちなみに日本の基準では9/10以上で曇り。したがって雲量が71/80の場合、厳密には国際基準では曇り、日本基準では晴れとなります。

オススメ用語解説

帯電防止

概要

帯電防止とは、静電気を帯びやすい絶縁体でできている物質・材料・機材に対して、帯電を防止する対策を行う
こと。特に半導体の静電破壊を防ぐため、製造工程があるクリーンルームでの帯電防止技術が重要になっている。
対象となるのは、クリーンウェアや、クリーンルーム用マスク・手袋・靴、梱包用の袋、包装材、台車、いす、床、
マット、超純水などである。帯電を防止するには、素材に導電材料や帯電防止剤を混ぜる、界面活性剤などで表面
に導電性を与える、導電性のある素材に変える、などの方法がある。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ