技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【化学】リトマス試験紙の『リトマス』。名前の由来は?

酸性とアルカリ性を見分ける際に使用するリトマス試験紙。理科では必須の道具の一つですね。では、その名前の由来は一体どれでしょうか?
正解

正解は 「コケの名前」

現在のリトマス試験紙は人工的に合成されるものが大半ですが、天然のリトマス試験紙は『リトマスゴケ』というコケから取り出した色素から作られます。リトマスゴケは地中海沿岸や西アフリカの海岸に自生していますが、残念ながら日本には生えていません。  

不正解

正解は 「コケの名前」

現在のリトマス試験紙は人工的に合成されるものが大半ですが、天然のリトマス試験紙は『リトマスゴケ』というコケから取り出した色素から作られます。リトマスゴケは地中海沿岸や西アフリカの海岸に自生していますが、残念ながら日本には生えていません。  

オススメ用語解説

ダイオード

概要

ダイオードとは、一方向にのみ電流が流れる特性を持った素子のこと。陽極(アノード)から陰極(カソード)への1方向にのみ流す整流作用を持つ。マイナスの自由電子を持つn型半導体と、プラスの電気を持つようにふるまうp型半導体を接合させた構造を持つ。交流電流から直流電流を取り出したり、逆流防止が必要な電源系などに多く用いられる。

また、一定以上の電圧を掛けると逆方向にも導通する「ツェナーダイオード(定電圧ダイオード)」もある。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

【製造・調合・小分け】 有機溶剤 単品溶剤 工業用洗浄剤(部品・機械・樹脂・ゴム・脱脂用・その他各種) 剥離剤(金属・鉄部品か...
東洋石油化学

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ