技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【生物】アサガオは分類学上何科?

観察日記の代表格といえば、『アサガオ』。様々に品種改良され愛好家も多いアサガオですが、分類学上は「アサガオ科」ではありません。さて、一体何科でしょうか?
正解

正解は 「ヒルガオ科」

アサガオやヨルガオは、ナス目ヒルガオ科サツマイモ属に属します。アサガオは江戸時代から品種改良が盛んですが、幻のアサガオと言われるものがあります。それが「黄色」と「黒」のアサガオ。アサガオ市でも、なかなか見つからない(はず)です。ちなみにユウガオは、スミレ目ウリ科ユウガオ属。見た目も全く違います。

不正解

正解は 「ヒルガオ科」

アサガオやヨルガオは、ナス目ヒルガオ科サツマイモ属に属します。アサガオは江戸時代から品種改良が盛んですが、幻のアサガオと言われるものがあります。それが「黄色」と「黒」のアサガオ。アサガオ市でも、なかなか見つからない(はず)です。ちなみにユウガオは、スミレ目ウリ科ユウガオ属。見た目も全く違います。

オススメ用語解説

親水性

概要

親水性とは、水に対する親和性が高い性質のこと。もともとは水に溶けやすい、混ざりやすいなどを指しているが、特に物質の表面状態については、水に濡れやすいこと。
表面に付いた水が玉のような水滴にならずに、薄く広がって水の膜をつくる状態、すなわち水滴の接触角が0度に近い状態を、親水性が高いという。親水性がない(低い)表面も、コーティングや、UV光照射、プラズマ処理、コロナ放電などによる表面改質で親水性をもたせることができる。濡れ性の改善や、ウォータマーク・水垢の防止などに効果がある。
対義語は撥水性(水をはじくこと)または疎水性(水に溶けにくいこと)。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

【事業内容】 ステンレスフランジ,特殊鋼フランジ,ステンレス・ハステロイ・チタン等の各種金属製品・金属部品の製造販売 【対応金属】 ...
中村鉄工

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ