技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【物理】Wi-Fiでの通信障害が起こる可能性があるのは?

モバイル機器などで通信にWi-Fiを使用する場合、あるものの近くで使うと通信障害が起こる可能性があります。それは一体、何の近くでしょうか?
正解

正解は 「電子レンジ(作動中)」

Wi-Fiで使われる2.4GHz帯は、ISMバンド帯(産業科学医療用バンド帯)と呼ばれ、無線LANのほか、アマチュア無線やラジコン、VICS(道路交通情報通信システム)、電子レンジなど身の回りの様々な通信機器で使われています。 したがって電子レンジを使用中にその近くでWi-Fi通信を行うと、電波が干渉して通信障害が発生します。 ちなみに、Bluetoothやコードレス電話の子機などでも同じ周波数が使われますが、こちらはあまり電波が強くないので、通信障害はあまり起こりません。

不正解

正解は 「電子レンジ(作動中)」

Wi-Fiで使われる2.4GHz帯は、ISMバンド帯(産業科学医療用バンド帯)と呼ばれ、無線LANのほか、アマチュア無線やラジコン、VICS(道路交通情報通信システム)、電子レンジなど身の回りの様々な通信機器で使われています。 したがって電子レンジを使用中にその近くでWi-Fi通信を行うと、電波が干渉して通信障害が発生します。 ちなみに、Bluetoothやコードレス電話の子機などでも同じ周波数が使われますが、こちらはあまり電波が強くないので、通信障害はあまり起こりません。

オススメ用語解説

熱流束センサ

概要

熱流束センサとは、熱の流れの量を表わす熱流束を測定するセンサ。熱流計とも呼ばれる。温度変化、熱伝達の様子を測れ、熱流束を把握することで温度の予測も可能。速度変化を測る際の速度計が温度計に喩えるなら、熱流束センサは加速度計に相当する。
板状になった熱電対の表と裏の温度差が熱流束値に比例するシュミットボエルダー式と円筒薄膜の中央と円周の温度差により熱流束を得るガードン式の2種類が広く使われている。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

■シリコーン、クオーツ、セラミックス製品の研究開発、製造、販売、国際貿易、関連サービス
モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ