技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【物理】地球で200ヤードのドライバー。月の場合は?

ゴルフはもちろん地球上で行うスポーツですが、もし月面で、地球上と同じスイングができたとしたら、地球で200ヤード(183m)だったドライバーは果たしてどれくらい飛ぶでしょうか?(※月面重力は地球の1/6、空気抵抗ナシ、打出角度は同じ、転がりナシとした場合)
正解

正解は 「1,400ヤード(1,300m)」

月面は重力が1/6であるため、ボールの落下時間が単純に6倍になります。 さらに空気がない場合は、ボールのスピードの低下もありません。空気抵抗による飛距離の低下は(打出角度やボールデザインにより差はありますが)、おおむね10~20%ほどなるので、地上で200ヤード飛ぶボールは、月面では1,400ヤードほどは飛ぶことになります。 ちなみに、アポロ14号の月面着陸の際に行われたゴルフでは、宇宙服の動きづらさなどもあり、6番アイアンで200ヤードほどの飛距離だったようです。

不正解

正解は 「1,400ヤード(1,300m)」

月面は重力が1/6であるため、ボールの落下時間が単純に6倍になります。 さらに空気がない場合は、ボールのスピードの低下もありません。空気抵抗による飛距離の低下は(打出角度やボールデザインにより差はありますが)、おおむね10~20%ほどなるので、地上で200ヤード飛ぶボールは、月面では1,400ヤードほどは飛ぶことになります。 ちなみに、アポロ14号の月面着陸の際に行われたゴルフでは、宇宙服の動きづらさなどもあり、6番アイアンで200ヤードほどの飛距離だったようです。

オススメ用語解説

分光分析装置

概要

分光分析装置とは、金属や鉱物などを対象として、物質が放出または吸収する光のスペクトルを調査することで、物質の成分元素の定性的、定量的分析を行う分光分析を行う装置である。分光分析では、γ線からマイクロ波まで幅広い波長領域を対象としてスペクト分析が行われる。分光分析には、高エネルギー状態から基底状態に戻る際の物質の発光を分析する発光分析と、逆に物資の吸光を分析する吸光分析の2種類がある。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

・RFID製品(POWERTAG)の開発・製造・販売 複数の人やモノの動態・位置を正確に認識することができます。 日常から特殊な環境まで...
マトリックス

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ