技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【生物】花粉の寿命を縮めてしまうのは?

春先に花粉症で苦しむ方も多いのではないでしょうか。花粉は受粉後に花粉管を伸ばしますが、これは花粉が生きている証拠です。花粉には寿命がありますが、以下のうち花粉の寿命を縮めてしまうものはどれでしょうか?
正解

正解は 「酸素濃度を上げる」

花粉を保存する方法は一般的に、低温・低湿・低酸素とされています。 花粉管を伸ばす発芽の際に酸素は必要となりますが、花粉自体の保存に酸素は障害となります。 また、花粉はある程度の放射線をあてても発芽します。ただ、その際の受精能力は低下してしまいます。

不正解

正解は 「酸素濃度を上げる」

花粉を保存する方法は一般的に、低温・低湿・低酸素とされています。 花粉管を伸ばす発芽の際に酸素は必要となりますが、花粉自体の保存に酸素は障害となります。 また、花粉はある程度の放射線をあてても発芽します。ただ、その際の受精能力は低下してしまいます。

オススメ用語解説

人工光合成

概要

人工光合成とは、植物が行う光合成を人工的に再現する技術。太陽の光エネルギーを化学エネルギーに変換する明反応と、そのエネルギーを利用して二酸化炭素から有機物を合成する暗反応の2つがある。太陽エネルギーの半分を占める可視光を利用する事が非常に難しいため、現在この可視光を利用する技術の研究が進んでいる。水の分解による光エネルギー変換・蓄積や大気中の二酸化炭素の固定化など、地球環境に負担をかけないクリーンな方法で、エネルギー問題や食糧問題を解決できる技術として期待されている。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

■地下埋設用樹脂配管(UPPシステム配管)の輸入販売 ■環境関連製品の輸入販売
P&Dジャパン

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ