技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【地学】火星の暦。うるう年の割合は?

地球は太陽の周りを1回公転する間に365.2422回転しており、4年に1度、2月を1日増やす閏年を設けて暦を調整していますね。 もし人類が火星に移住することになれば、やはり暦は必要ですが、火星の場合は自転・公転周期が地球とは異なります。そこで問題。火星で太陽暦を用いる場合、閏年(1年が1日多い年)を入れる回数は、どのくらいの割合でしょうか?(ちなみに、火星は公転1回につき、668.550回自転しています)。
正解

正解は 「20年に11回」

火星の自転周期は約24時間37分で地球とほとんど変わりませんが、太陽系のより外側を公転しているため、1年の長さは地球の約1.88倍です(四季もより長くなります)。 閏年の回数は自転と公転の周期のズレから求めることができます。火星が公転する間の自転回数668.550の端数(0.550)から、1年では0.55日のズレとなるので、2年で1.1日、20年で11日の調整が必要です。 したがって、火星での1日多い閏年は20年に11回。カレンダーの半数以上が閏年となります。

不正解

正解は 「20年に11回」

火星の自転周期は約24時間37分で地球とほとんど変わりませんが、太陽系のより外側を公転しているため、1年の長さは地球の約1.88倍です(四季もより長くなります)。 閏年の回数は自転と公転の周期のズレから求めることができます。火星が公転する間の自転回数668.550の端数(0.550)から、1年では0.55日のズレとなるので、2年で1.1日、20年で11日の調整が必要です。 したがって、火星での1日多い閏年は20年に11回。カレンダーの半数以上が閏年となります。

オススメ用語解説

検査ロボット

概要

検査ロボットとは、産業用ロボットの1つであり、様々な製品の検査を行うロボットの総称である。検査ロボットは、対象とする製品によって様々な種類があるが、生産ラインの要所要所に設けた検査工程において製品の検査を行うものが主流である。近年は、ロボットにカメラを設置するなどして三次元的な複雑な形状の製品の検査も可能となっている。上記に加えて、近年では震災の影響もあり、維持管理や災害時に使用するインフラの検査や補修を行うロボットも注目されている。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

ハイパースペクトルカメラ、分光器、精密光学用光源(ハロゲンランプ、キセノンランプ、メタルハライドランプ、高圧水銀ランプ、低圧水銀ランプ)、紫...
ケイエルブイ

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ