技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【地学】火星の暦。うるう年の割合は?

地球は太陽の周りを1回公転する間に365.2422回転しており、4年に1度、2月を1日増やす閏年を設けて暦を調整していますね。 もし人類が火星に移住することになれば、やはり暦は必要ですが、火星の場合は自転・公転周期が地球とは異なります。そこで問題。火星で太陽暦を用いる場合、閏年(1年が1日多い年)を入れる回数は、どのくらいの割合でしょうか?(ちなみに、火星は公転1回につき、668.550回自転しています)。
正解

正解は 「20年に11回」

火星の自転周期は約24時間37分で地球とほとんど変わりませんが、太陽系のより外側を公転しているため、1年の長さは地球の約1.88倍です(四季もより長くなります)。 閏年の回数は自転と公転の周期のズレから求めることができます。火星が公転する間の自転回数668.550の端数(0.550)から、1年では0.55日のズレとなるので、2年で1.1日、20年で11日の調整が必要です。 したがって、火星での1日多い閏年は20年に11回。カレンダーの半数以上が閏年となります。

不正解

正解は 「20年に11回」

火星の自転周期は約24時間37分で地球とほとんど変わりませんが、太陽系のより外側を公転しているため、1年の長さは地球の約1.88倍です(四季もより長くなります)。 閏年の回数は自転と公転の周期のズレから求めることができます。火星が公転する間の自転回数668.550の端数(0.550)から、1年では0.55日のズレとなるので、2年で1.1日、20年で11日の調整が必要です。 したがって、火星での1日多い閏年は20年に11回。カレンダーの半数以上が閏年となります。

オススメ用語解説

デマンドコントローラー

概要

デマンドコントローラーとは、需用電力(デマンド)を常時監視し、契約電力を超えないように回路負荷を制御する装置。電力コストを低減するために電力変化を常時監視し、30分ごとの最大電力を連続的に予測。あらかじめ設定した電力を超える恐れがある場合、事前に警報を出し、負荷を自動的に遮断し、最大電力に余裕ができた時に自動復帰させる制御装置のこと。



・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

山本金属は、創立以来追求してきた【切削加工技術】と【評価計測技術】の2つをコア技術として、現在4つの事業を展開しています。 -事業内容...
山本金属製作所

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ