技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【生物】日本人に最も少ない血液型は?

エンドウ豆の実験で有名なメンデルの遺伝法則。同じ考え方で人間の血液型の遺伝も説明されていますね。日本人の場合、A:B:O:AB は4:2:3:1、と言われていますが、A型とB型にはそれぞれAAとAO、BBとBOがありますね。そこで問題。以下のうちで、最も少ないと言われているのは、どの血液型でしょうか?
正解

正解は 「BB型」

日本人の血液型に関する調査によると、日本人に最も少ないのはBB型です。 ちなみに全体に占める割合を多い順番に並べると、AO型-31%、O型-29%、BO型-19%、AB型-10%、AA型-8%、BB型-3% となり、O型の要素を持つ人は全体の79%にもなります。

不正解

正解は 「BB型」

日本人の血液型に関する調査によると、日本人に最も少ないのはBB型です。 ちなみに全体に占める割合を多い順番に並べると、AO型-31%、O型-29%、BO型-19%、AB型-10%、AA型-8%、BB型-3% となり、O型の要素を持つ人は全体の79%にもなります。

オススメ用語解説

熱衝撃

概要

熱衝撃とは、製品の周囲の急激な温度変化のこと。さまざまな製品がその周囲の環境変化にどれくらいの耐性があるかを測定する環境試験の中でも、その急激な温度変化への耐性を調べるものを熱衝撃試験という。温めたガラスを急激に冷やした際に、ガラスが破損するのは熱衝撃のためである。ヒーターや冷却機など、温度変化が激しい製品では、特に熱衝撃への耐性が必要となる。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

素材開発技術と小型・高密度の部品加工技術を併せ持つNECトーキンが目指す方向、それは一つではありません。 導電性高分子材料、磁性材料、圧電...
NECトーキン

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ