技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【物理】人類が使用するエネルギーを全てまかなえる太陽光パネルの面積は?(2010年現在)

エコ意識の高まりとともに、太陽光発電パネルが設置されたご家庭を見かけることも増えてきました。太陽の光からエネルギーを生み出すこの装置、私たちの未来にも大きく影響を与えるものとなりそうですね。そこで問題、2010年現在に存在する太陽光発電パネルをたくさん敷き詰めると、人類が使用するエネルギーの全てがまかなえてしまいます。それは一体、どの国くらいの広さでしょうか?
正解

正解は 「南アフリカくらい(日本の3倍)」

2010年現在の太陽光発電のエネルギー変換効率は10~15%、1平方メートルあたり約1Kwの発電が可能です。 これで人類全体のエネルギーをまかなおうとすれば、太陽光発電パネルを日本の3倍ほどの面積に敷き詰める必要があります。 ちなみに、日本全体のエネルギーを賄うには、四国の1/3ほどの面積が必要です。

不正解

正解は 「南アフリカくらい(日本の3倍)」

2010年現在の太陽光発電のエネルギー変換効率は10~15%、1平方メートルあたり約1Kwの発電が可能です。 これで人類全体のエネルギーをまかなおうとすれば、太陽光発電パネルを日本の3倍ほどの面積に敷き詰める必要があります。 ちなみに、日本全体のエネルギーを賄うには、四国の1/3ほどの面積が必要です。

オススメ用語解説

光電センサ

概要

光電センサとは、投光部と受光部で構成し、投光部から出た光が検出物体によって変化(有無、強弱)したのを受光部が検知して電気信号を出力する非接触センサのこと。『光電スイッチ』とほぼ同義。投光部には発光素子(可視光または赤外のLED、LD)を内蔵し、受光部には対応する受光素子(フォトトランジスタ、フォトダイオード)を内蔵。光学系により透過型、反射型(拡散反射型、回帰反射型、限定反射型)、光ファイバ型などがある。非接触で、検出物体の材質を選ばず、他の近接センサに比べて検出距離が長い。検出エリアが限定的、検出距離の設定も可能(反射型)、応答速度が速い、高精度、小型、使用する素子が長寿命で汚れにも強い、色の判別が可能、などの特長をもつ。生産ライン上の製品・部品の有無の検出、位置決め、色・マークの検出などに使用されている。

・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

金属・樹脂全般における試作部品加工、多品種少量精密部品加工 電線被覆剥離機の設計・製造・販売 書籍出版 アスパラガス用畜冷資材販売 ...
アスク

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ