技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【化学】純水にBTB溶液を入れるとどんな色になる?

水溶液の酸の検出に使うBTB溶液。正確にはブロモチモールブルー溶液という難しい名前がついています。この溶液は酸性側では黄色、アルカリ性側では青色、そしてその中間では緑色を示しますね。そこで問題。『純水』にBTB溶液を入れると、一体何色になるでしょうか?
正解

正解は 「黄色」

BTB自体は黄色い粉末です。純水に溶かしただけではその分子の色の黄色になります。 BTB溶液を作る際にはBTBをアルコールと水に溶かし、まずオレンジ色の液体にします。そこに水酸化ナトリウムを加えアルカリ性の側に近づけていき、BTB溶液の試薬の青っぽい色が完成します。 BTB溶液が青いのは、主に酸を検出するために色を調整してあるからです。

不正解

正解は 「黄色」

BTB自体は黄色い粉末です。純水に溶かしただけではその分子の色の黄色になります。 BTB溶液を作る際にはBTBをアルコールと水に溶かし、まずオレンジ色の液体にします。そこに水酸化ナトリウムを加えアルカリ性の側に近づけていき、BTB溶液の試薬の青っぽい色が完成します。 BTB溶液が青いのは、主に酸を検出するために色を調整してあるからです。

オススメ用語解説

C重油

概要

C重油とは、もっとも低規格の残渣油。不純物が多いため環境負荷が高く、他の石油製品に比べて熱効率が悪いが、価格はA重油よりも3~4割安い。船舶用のディーゼルエンジンや火力発電所の燃料として使われる。
重油は、原油を蒸留する工程でガソリンや灯油、軽油を取り出した後に残る燃料成分。タールやアスファルトが含まれるため、常温下では 非常に粘度が高く、色は真っ黒でヘドロのような形態をしている。重油はA重油/B重油/C重油の3つに分類される。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

1.石油製品の販売 2.固形燃料の輸出入及び販売 3.土木・建設工事の資材販売及び施工 4.高圧ガス製品の販売 5.化学製品の輸出入...
竹中産業

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ