技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【地学】CO2濃度が最も高いのは?

産業革命以降、どんどん増加している地球上の二酸化炭素。昨今はその削減が大きな社会的テーマになっていますが、地域的に見るとその濃度には違いがあります。そこで問題。以下のうち二酸化炭素濃度が最も大きいのは、一体どこでしょうか?
正解

正解は 「北極」

工業国や先進国が多い影響で、北半球の高緯度帯は最も二酸化炭素が多い地域となっており、その影響は北極でも顕著に見られます。 一方、南半球は工業国などが少ないため、二酸化炭素の濃度が大きい順番に並べると、北極⇒赤道⇒南極、となります。 ちなみに二酸化炭素濃度は夏に小さく、冬に大きくなります。植物が活発な夏は、光合成により二酸化炭素が吸収されるためです。

不正解

正解は 「北極」

工業国や先進国が多い影響で、北半球の高緯度帯は最も二酸化炭素が多い地域となっており、その影響は北極でも顕著に見られます。 一方、南半球は工業国などが少ないため、二酸化炭素の濃度が大きい順番に並べると、北極⇒赤道⇒南極、となります。 ちなみに二酸化炭素濃度は夏に小さく、冬に大きくなります。植物が活発な夏は、光合成により二酸化炭素が吸収されるためです。

オススメ用語解説

サーモスタット

概要

サーモスタットとは、加温もしくは冷却を制御することによって、対象物の温度を一定に保つための装置のこと。サーモスタット自体に加温機能、冷却機構があるのではなく、センサにより対象物の温度を測定し、加温・冷却機器を制御する。センシング機構には、バイメタルや形状記憶合金を用いた機械式検知方式、サーミスタによる電気式検知方式、熱電対による電気式検知などがある。
塗装・乾燥などの加温機構、自動車のラジエータや、冷蔵庫などに用いられている。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

材料の分析評価機器では、熱分析装置、誘電分析装置、各種熱伝導率測定装置、ポリマープロセスモニタリング、プロセス粘度計や硬化モニタリング装置、...
シスコム

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ