技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【地学】皆既日食の発生頻度は今後どうなる?

2009年7月22日、日本の一部地域で皆既日食が見られます。太陽と月と地球が一直線になり、場所によっては太陽が月の影にすっぽり隠れる現象です。さて、皆既日食は言うまでもなく、珍しい自然現象ですが、今後その発生頻度はどうなっていくでしょうか?
正解

正解は 「減っていく」

皆既日食は、地球から見た月と太陽の見かけの大きさがほぼ同じということから起こる現象です。(太陽の直径は月の約400倍、地球からの太陽までの距離は月までの約400倍) しかし月は年間3.8cmずつ地球から離れており、見かけの大きさが小さくなることから「いつの日か」皆既日食は見られなくなります。 ちなみに、皆既日食時は懐中電灯が必要なほど暗くなることもあります。  

不正解

正解は 「減っていく」

皆既日食は、地球から見た月と太陽の見かけの大きさがほぼ同じということから起こる現象です。(太陽の直径は月の約400倍、地球からの太陽までの距離は月までの約400倍) しかし月は年間3.8cmずつ地球から離れており、見かけの大きさが小さくなることから「いつの日か」皆既日食は見られなくなります。 ちなみに、皆既日食時は懐中電灯が必要なほど暗くなることもあります。

オススメ用語解説

ストリークカメラ

概要

ストリークカメラとは、光検出部として光電効果を用いたストリーク管を内蔵し、極めて短い時間に生じる高速な発光現象をとらえるカメラのこと。通常の高速度カメラが時間分解能10ps~1ns程度に対し、ストリークカメラは2~3psから1ps以下を実現し、光の強度の時間的な変化と空間分布を同時に測定できる。さらに、分光器と組合せることで、発光スペクトルの時間変化測定にも対応する。ストリーク管は高感度で、測定波長も近赤外からX線まで選択できる。
YAGレーザのプラズマ解析、カーボンナノチューブの発光解析などに用いられる。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

○吸音材の製造・販売 ○換気部材の製造・販売 ○吸音材(ポアル・フィルバT・アコウスティセル等) ○外壁用換気口(ベントキャップ・...
ユニックス

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ