技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【地学】皆既日食の発生頻度は今後どうなる?

2009年7月22日、日本の一部地域で皆既日食が見られます。太陽と月と地球が一直線になり、場所によっては太陽が月の影にすっぽり隠れる現象です。さて、皆既日食は言うまでもなく、珍しい自然現象ですが、今後その発生頻度はどうなっていくでしょうか?
正解

正解は 「減っていく」

皆既日食は、地球から見た月と太陽の見かけの大きさがほぼ同じということから起こる現象です。(太陽の直径は月の約400倍、地球からの太陽までの距離は月までの約400倍) しかし月は年間3.8cmずつ地球から離れており、見かけの大きさが小さくなることから「いつの日か」皆既日食は見られなくなります。 ちなみに、皆既日食時は懐中電灯が必要なほど暗くなることもあります。  

不正解

正解は 「減っていく」

皆既日食は、地球から見た月と太陽の見かけの大きさがほぼ同じということから起こる現象です。(太陽の直径は月の約400倍、地球からの太陽までの距離は月までの約400倍) しかし月は年間3.8cmずつ地球から離れており、見かけの大きさが小さくなることから「いつの日か」皆既日食は見られなくなります。 ちなみに、皆既日食時は懐中電灯が必要なほど暗くなることもあります。

オススメ用語解説

ドット式刻印機

概要

ドット式刻印機とは、打刻ピンを高速振動させてワークに打付け、点の集合により文字を形成するマーキング装置のこと。焼入れ材、アルミダイカストなどの硬質材などにも使用でき、摩耗や汚れにも消えないのが特長である。英数字、ロゴ、QRコードなどの刻印に適応する。
スタンド型、ライン組込型、手持ちのポータブル型などがある。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

○安全・環境・省エネを重要な位置付けとした事業活動 ○水・空気・熱・をテーマとした開発・設計・製造・販売
サタコ

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ