技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

製造技術データベースサイト イプロス製造業IPROS

オトナの中学理科講座

 

【生物】水中を最も早く泳ぐ哺乳類は?

陸上で最も速く走る哺乳類といえば、チーターです。最高速で走ることができる時間が限られているとはいえ、その速度は時速120kmにも達します。ところで、同じ哺乳類の中でも、水中を最も早く泳ぐ動物は、以下のうちのどれでしょうか?
正解

正解は 「シャチ」

水中を最も早く泳ぐのはシャチで、最高速で時速80kmにも達します。イルカやクジラも最高速は時速50kmほど。最も早く泳ぐ生物はカジキマグロで、時速100kmを超えています。 ちなみに人が泳ぐ早さは時速6.5kmくらいです。

不正解

正解は 「シャチ」

水中を最も早く泳ぐのはシャチで、最高速で時速80kmにも達します。イルカやクジラも最高速は時速50kmほど。最も早く泳ぐ生物はカジキマグロで、時速100kmを超えています。 ちなみに人が泳ぐ早さは時速6.5kmくらいです。

オススメ用語解説

マスキー法

概要


マスキー法
とは、1970年に米国で改正された大気汚染防止のための法律の通称。エドムンド・マスキー上院議員の提案で生まれたことから『マスキー法』と呼ばれる。正式名称は『大気浄化法改正案第2章』。
未規制状態の自動車から排出される炭化水素(HC)、一酸化炭素(CO)、窒素酸化物(NOx)をそれぞれを90%低減することを目標とした。HCとCoは1975年、NOxは1976年を達成年とし、未達成の自動車は期限以降の販売禁止を義務付けた。規制値が厳しすぎたことや自動車業界からの反発が強く、内容の修正が続いたが、1995年になってマスキー法の規制基準に到達した。
ホンダは世界で初めてマスキー法をクリアする低公害エンジン『CVCC』を開発した。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

○ソルダリング・デソルダリングシステムツールの開発、製造販売 ○音響機器・電子機器の開発・設計・製造・販売・輸出入・設備の設計・施工
デンオン機器

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ